バニラの香りの琉球泡盛?!アルコール低めで飲みやすい「みやらび」新発売!


琉球泡盛「みやらび」は、沖縄県産業振興公社が事業者のマッチングを担って開発された新製品。中頭郡西原町の石川酒造場が担当し、14年古酒をベースに新酒をブレンドして低度数で飲みやすい泡盛として提案するとのことです。

パッケージデザインは、木版画家でプロジェクト・コア社長の名嘉睦稔さんが、沖縄の女性をテーマに描いた「みやらびシリーズ」から3種類の絵を採用。 アルコール度数は12度、20度、25度の3種類で、いずれもバニラの香りが特徴。高度数の泡盛を水割りで飲むよりも、酒造所が酒をブレンドして低度数にすることで味わいに深みを持たせたといいます。

冷やしてロックや炭酸割りで飲むのもいいけど、氷の代わりに冷凍したフルーツを入れてみてもいいかも!

お酒レポート