top of page

米麹の割合を増やした芋焼酎『いったいさん』を飲んだ


いったいさん

いったいさん?『いったいさん』って、なんだろね?

行った、言った、炒った、遺産? それとも一帯産?


答えは、「1対3」でした。


これは、鹿児島の白金酒造が限定販売している芋焼酎。

1対3とは、米麹1に対して芋が3の割合で造っているという意味なのです。


ラベルの「米」ヘンに「芋」3つの文字は、そういう創作文字だったのですね。


一般的に芋焼酎は「米麹1」に対して「芋5」の量で仕込みます。それを「芋3」の割合にして、米麹の割合を増やしているそうです。


だから、米に由来する華やかな香りや、米ならではの旨みが焼酎の中に宿っています。さらには、その原酒を一年間、貯蔵熟成させることで、舌ざわりやわらかな、まろまろの芋焼酎に仕上がったのです。


まずは、ストレートでチビっといただく。香りが華やかで、通常の芋焼酎よりもスッキリしている感じ。ロックもおいしいけれど、個人的には水割りかな。


常温の水で割ると香りがさらに立って、米焼酎の旨さと芋焼酎の旨さを足したような、「いったいさん」ならではの飲み心地を味わえました。



白金酒造のいったいさん


Comments


お酒レポート

bottom of page